ここから本文です

米のファーウェイCFO起訴、シティとBNPが被害者に=文書

8/21(水) 18:04配信

ロイター

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米政府がイランとの違法な金融取引に関わった罪などで中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]と同社の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を起訴した問題で、金融大手のシティグループ<C.N>とBNPパリバ<BNPP.PA>が「被害を受けた」金融機関とされていることが、20日公表された文書で明らかになった。

両行は、同CFOらがイランとの違法な取引に関わった際、ファーウェイに銀行サービスを提供していたという。

この問題では、HSBCホールディングス<HSBA.L>とスタンダード・チャータード<STAN.L>も被害を受けたとすでに報じられている。

同CFOの米国への身柄引き渡しの是非を審理するカナダのブリティッシュコロンビア州最高裁が、来月23日の手続きを前に公開した文書で明らかになった。

ファーウェイと同CFOは不正行為を否定している。

4行のコメントはとれていない。ただスタンダード・チャータード、シティグループ、BNPパリバは以前、ロイターが取材した際、コメントを控えていた。

最終更新:8/21(水) 18:04
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい