ここから本文です

吉川ひなの、20歳の泣き顔ショットに反響 カリスマモデル時代を振り返り「愛されてた」「頑張って生きていた」

8/21(水) 17:21配信

ねとらぼ

 モデルの吉川ひなのさんが8月21日、20歳のころの泣き顔ショットをInstagramで公開。“心友”から突然送られてきたものだそうで、「自分でも覚えていないわたしをたくさん切り取って残しておいてくれてありがとう」と感謝の気持ちを述べつつ、当時を振り返っています。

【画像】10代のころの吉川さん(他1枚)

 投稿された写真は、涙を流して口を真一文字に結んでいるおさげヘアのアップショット。写真に対して吉川さんは、「10年前のわたしだったら、20代の頃の自分なんてとても見たくなかったと思うけど、今ならすんなり受け入れられるの」と心境の変化を告白。「とにかくわたしはいつも変なカッコをしていたし、いつも酔っ払っていたし、いつも泣いてたよ。 あはは笑」と当時の自分を振り返っていますが、「こうやっていつのまにか撮ってもらっていたたくさんの写真を客観的に見てみると、自分で思っていたよりきっとずっと頑張って生きていたし、きっとずっと愛されてた」と、年を経て気付けたこともあったようです。

 吉川さんは1991年に銀座でスカウトされて芸能入りし、バービー人形のようなスタイルとルックスでモデルや女優、歌手としても人気に。プライベートでは1999年2月にビジュアル系バンド「SHAZNA」のボーカルだったIZAMさんと結婚しますが、同年9月に離婚。2011年9月には会社経営者の男性と再婚し、2012年に長女を出産した後はハワイに移住しています。2018年には長男を出産したことをSNSを通して報告しており、現在は子育てしながらモデルとしても活動中です。

 昔を知るファンからは「辛い時でもいつも素敵で可愛いキラキラしたひなのちゃんを見せてくれててありがとう」「ひなのちゃんが昔から大好きで憧れです」と、吉川さんに感謝する言葉も。また、「なんとも美しい涙」「泣いてても可愛いひなのちゃん」と泣き顔もフォトジェニックな吉川さんを称賛する声も寄せられています。

ねとらぼ

最終更新:8/21(水) 17:57
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事