ここから本文です

21日 所々で雨雲が発達 関東や北陸で激しい雨

8/21(水) 6:33配信

tenki.jp

21日(水)、九州から関東では、あちらこちらで雨雲が発達するでしょう。特に関東甲信や北陸では、道路が川のようになるくらいの雨が降る所がある見込みです。

秋雨前線が停滞 2つの熱帯低気圧

21日(水)、秋雨前線が黄海から中国地方を通って、関東付近に延びています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州から関東では大気の状態が非常に不安定になっています。前線はほとんど停滞し、大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。

東北や北海道付近には、東の海上から湿った空気が流れ込む見込みです。

東シナ海の熱帯低気圧は北上し、南西諸島から離れていくでしょう。フィリピンの東の熱帯低気圧は北上し、今後、台風にまで発達する見込みです。

きょうの天気

沖縄は強い日差しが照りつける見込みです。

九州から関東では、日の差す所もありますが、雲が多いでしょう。午後を中心にあちらこちらで雲が発達する見込みです。にわか雨や雷雨の所があるでしょう。

特に雲が発達しやすいのは、前線付近にあたる関東甲信と北陸です。カミナリが鳴り、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る所がある見込みです。傘をさしていても濡れてしまうくらいの雨で、道路が川のようになることもあるでしょう。特に、アンダーパスなど低い道路の冠水に注意が必要です。土砂災害や河川の増水などにも警戒して下さい。

東北と北海道は、雲が広がっており、日中も日差しは少なく、所々でにわか雨があるでしょう。東北南部では、夜はカミナリを伴って雨が激しく降る所がある見込みです。

急に冷たい風が吹いたら注意

急に冷たい風が吹いたら、雷雨の前触れです。カミナリ雲の下では、強い雨だけでなく、竜巻などの激しい突風が吹くこともあります。カミナリ雲の発生の兆候が見られたら、早めに頑丈な建物など、安全な場所に移動しましょう。

きょうの予想気温

沖縄、九州から関東の最高気温は、32度から33度くらいの所が多い予想で、残暑が厳しいでしょう。夜も気温が25度を下回る所は内陸に限られそうです。こまめに水分を補給するなど熱中症対策をなさって下さい。

北陸や東北の最高気温は、30度前後の所が多い予想です。夜は、気温が25度を下回る所が多いでしょう。

北海道の最高気温は、日本海側は25度前後の所が多い予想です。オホーツク海側と太平洋側は20度から22度くらいの所が多いでしょう。夜は気温が20度を下回る所が多い見込みです。

日本気象協会 本社 白石 圭子

最終更新:8/21(水) 6:33
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事