ここから本文です

夢の島植物館を奄美色に 我那覇美奈さんライブ、食文化も発信 東京

8/21(水) 12:34配信

南海日日新聞

 鹿児島県奄美市出身のシンガー・ソングライター、我那覇美奈さんのスペシャルライブが18日夕、東京都江東区の夢の島熱帯植物館であった。奄美色を前面に打ち出し、鶏飯を提供するキッチンカーも登場。会場の芝生広場を埋めた我那覇さんのファンら約300人は奄美の音色や食文化にも触れた。

 ライブは同館の夜間開放イベントの一環。奄美市出身の城南海さん、喜界町出身の牧岡奈美さんと、音楽を通して奄美と交流のあるスティーブエトウさん、小林俊太郎さんがゲスト出演し、島唄を中心にした楽曲を披露。エンディングの八月踊りでは東京山ゆり会が赤木名観音堂などを繰り広げ、来場者を踊りの渦に巻き込んだ。

 奄美をモチーフにした作品を数多く発表している画家の近藤麗子さんは、ステージ脇で演奏中に作品を仕上げるパフォーマンスを展開。東京奄美青年団と在京の徳之島出身者有志は奄美黒糖焼酎や特産品の販売ブースを設けた。

 我那覇さんは「皆さんの応援に胸が熱くなる。感謝を胸に歌い続けます」と語り、来場者の30代女性は「奄美には以前から興味があったが、今日を契機に『行ってみたい』という気持ちを行動に移したいと思う」と笑顔で語った。

奄美の南海日日新聞

最終更新:8/21(水) 12:34
南海日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事