ここから本文です

教諭2人を酒気帯び運転で懲戒免職 以前にも飲酒運転したと話す

8/21(水) 12:27配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 県教育委員会は酒気帯び運転をしたとして中学校と小学校の教諭2人を8月20日懲戒免職にしました。
 懲戒免職の処分を受けたのは、県東部の中学校に勤める教諭(33)と、県中部の小学校に勤める教諭(40)です。
 県教委によりますと県東部の中学校教諭は2019年6月、伊豆の国市内で中学の教職員4人と飲食店で酒を飲んだあと、酒気帯びの状態で乗用車を運転しました。教諭は一緒に飲んでいた教職員らに「代行運転で帰る」などと伝えていたということです。
 また、県中部の小学校教諭は2017年3月、藤枝市内の飲食店で小学校の教職員2人と酒を飲み、焼津市内の自宅近くまでは代行運転を利用したものの、その後、自宅まで運転し、民家のブロック塀に接触し、破壊する事故を起こしました。
 県教委の調べに対し、2人は以前にも飲酒運転をしたことがあると話しているということです。

静岡放送(SBS)

最終更新:8/21(水) 12:27
静岡放送(SBS)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事