ここから本文です

西野亮廣「働き方改革を鈍らせている元凶は、“下”がサラリーマンの働き方しか知らないこと」

8/21(水) 12:28配信

新R25

サラリーマン最大の不幸は、「サラリーマンの働き方」しか知らないこと

サノ:
でも、普通のビジネスパーソンが「シルクハット」みたいな斬新な働き方を考えるのは難しい気がするんですけど…

そういうアイデアが出る人と出ない人の違いって何なんでしょうか?

西野さん:
働き方の選択肢をどれだけ知ってるか、でしょうね。

サラリーマン最大の不幸にして、改革を鈍らせている元凶ってなんだと思います?

サノ:
難問すぎて全然思い浮かばない…何なんでしょうか?

西野さん:
「サラリーマンの働き方しか知らないこと」です。

今、情報格差がありえない速度で加速してると思うんですよ。テレビで「クラウドファンディングとクラウドソーシングでお金とスタッフを集めてます」とか言うと、ホントに宇宙人みたいな扱いを受けますから(笑)。

「なんかよくわかんないけど、悪いことしてるんでしょ?」みたいな。

サノ:
たしかに僕も、「会社からお給料をもらう」以外の働き方、あんまりよくわかってないかも…

西野さん:
結局、「自分の意志で選ぶこと」が人間の“幸せ”につながってると思うんですよね。

サラリーマンの働き方、フリーランスの働き方、オンラインサロンの働き方…いろんな働き方のいいところ悪いところを知ったうえでサラリーマンを選んだ人は、かなり幸福度が高いはず。

でも、サラリーマンの働き方しか知らないと、サラリーマンの悪いところしか見えないんです。不満や文句は出ても、いいところや改善策は出てこない。

サノ:
つまり、「サラリーマンの働き方しか知らない人」のほうがマジョリティで、国や企業など「上」側からのアクションしか起きてないことが、今の働き方改革の問題点だと。

盲点すぎる…!!!

西野さん:
だから、働き方改革を本気で前に進めたいなら、みんなそろそろ一回先入観なしで、堀江(貴文)さんみたいな「普通と違う働き方」をしてる人のことを見たほうがいいです。

“今までと違った働き方”を“会社のメリット”込みで主張できるビジネスパーソンが増えない限り、働き方はきっと変わらないので。

2/4ページ

最終更新:8/21(水) 12:28
新R25

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事