ここから本文です

「日本は遅れている」インド人の生活を激変させたカード

8/21(水) 17:10配信

テレ東プラス

コンビニ不毛の地・インド初出店の舞台裏

1日に約7万人が生まれ、今も人口が増え続けているインド。数年後には中国を抜き、人口世界一になると予測され、高い経済成長率も維持している。そんな巨大市場を狙って近年日本企業の進出も加速。「無印良品」が店舗を増やしているほか、カレー専門チェーン「CoCo壱番屋」も来年の進出を発表した。そんなインドでいまだ浸透してしない業態が、日本ではおなじみのコンビニ。外資規制が厳しいインドではコンビニがほとんどなく、一定の所得がある層が増えているにも関わらず、気軽に買物できる場所が少ないのが現状だ。

コンビニ不毛の地に挑むのは、日本企業「インパクトホールディングス」。社長の福井康夫さんは元々セブンイレブンの社員だったが、15年前に独立。インドや中国で小売店のコンサルティングなどを手がけてきた。今回、インド全土で2700店舗を展開するインド最大のコーヒーチェーン「カフェ・コーヒー・デイ」と手を組み、コンビニ事業を仕掛けることに。既存のカフェの店舗を改装していく戦略で、なんと1年間で425店舗のスピード出店を目指すという。

福井さんの前に立ちはだかるのが、コンビニの王者「セブンイレブン」。インドのスーパー大手と組んで今年インドに出店、3年で500店舗を目指すと発表した。今後は日本のコンビニがライバルになると将来を見据える福井さんだが、最大のライバルは別のところに...。

インドでは「キラナ」と呼ばれる、いわゆる街角の売店が1400万店舗以上存在し、店頭で軽食販売や小分け販売に対応するなど、現地の人々の暮らしに根付いているのだ。こうした地域密着型の店に対抗し、インド人に人気のスナック類で勝負をかける福井さんは、現地スタッフの意見を取り入れ、オリジナル商品の改良を重ねていく。

だがオープンを2日前に控え、想像もしてなかった出来事が。パートナー企業である「カフェ・コーヒー・デイ」のトップ・シッダルタ会長の突然の訃報が飛び込んできたのだ。逆境の中「店をオープンすることがオーナーの遺志を継ぐこと」と前を向く福井さん。不休の準備はオープン当日まで続いた。店には、日本のコンビニでもおなじみの冷凍食品に菓子パンなどが並び、日本のカップヌードルは現地に合わせたカレー味を用意した。商品はある程度揃ったものの、肝心の弁当やホットスナックが届いていない。消費の文化が全く違うインドで、日本式コンビニは受け入れられるのか。巨大市場での戦いに密着した。

1/2ページ

最終更新:8/21(水) 17:10
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事