ここから本文です

夏帆×妻夫木聡、初共演で濃厚ラブシーン…来年2月公開映画「Red」

8/21(水) 5:00配信

スポーツ報知

 女優の夏帆(28)が来年2月公開の主演映画「Red」(三島有紀子監督)で濃厚なラブシーンに挑戦することが20日、分かった。初共演となる妻夫木聡(38)とのキスも披露する。

 原作は巧みな心理描写で女性から支持を集める直木賞作家・島本理生さん(36)が官能世界を描いた話題作。夏帆が演じる塔子は、平凡な結婚をして家事と育児に奮闘する女性。10年ぶりに元カレ・鞍田秋彦(妻夫木)と再会すると情熱的な愛の渦におぼれていく。色気たっぷりに演じる大胆なラブシーンに注目だ。

 ナチュラルな演技に定評のある夏帆は、過去に経験したことのない妖艶な役柄に「ここまで濃密な恋愛映画は初めて。とても挑戦した役で、見てくださる方がどういうふうに捉えるのか、今からドキドキしています」。節目の40歳を目前にして「大人の恋愛を表現できるようになりたいと考えていた」という妻夫木は「理屈じゃない、人間の本能的な部分に問い掛けてくる」と作品の魅力を語る。

 2人のキャスティングには島本氏も「大きな期待と喜びを覚えました」と太鼓判。三島監督は「人はいつも、自分の内側に潜んでいるものを目覚めさせてくれる誰かを探し求めている。そんな男と女を描いてみたいと思っていた。大好きな、夏帆さんと妻夫木聡さんで」と意図を説明した。夏帆にとっては役柄の幅を広げ、女優として飛躍する転機の作品になりそうだ。

最終更新:8/21(水) 5:00
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事