ここから本文です

韓国・公州(コンジュ)市との姉妹都市締結25周年記念事業中止 山口市

8/21(水) 14:05配信

宇部日報

日韓関係悪化で公州市からの申し出受け

 山口市は9、10月に予定していた韓国・公州(コンジュ)市との姉妹都市締結25周年記念事業について、同市からの申し出を受けて中止すると発表した。
 
 予定では9月に山口市から市日韓親善協会と、よさこい公演団を中心とした29人の市民訪問団を派遣し、百済文化祭で公演。10月には、伊藤和貴副市長ら8人の公式訪問団を派遣し、記念事業を行う予定だった。
 
 19日に公州市長から渡辺純忠市長宛ての親書が届き「韓日関係の状況から国民感情を考慮し、招待のキャンセルを決定した」と伝えられた。
 
 渡辺市長は「中止決定は本当に残念に思う。これまで両市が築いてきた友好の絆を大切にするとともに、友情を一層深めていけるよう、今後も交流を続けたい」とコメントした。
 
 姉妹都市交流は1993年から始まり、市民訪問団の相互派遣やジュニア交流隊事業、親善交流サッカー大会などを行ってきた。

最終更新:8/21(水) 14:05
宇部日報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事