ここから本文です

ANA、時差ボケを調整するアプリを提供へ、タビナカの充実や出張の生産性向上に期待

8/21(水) 13:10配信

トラベルボイス

ANAホールディングスは、睡眠対策事業のニューロスペース社と共同開発している海外渡航者向け「時差ボケ調整アプリ」について、参画企業を対象にした社外トライアルを実施する。

ANAでは最新技術の活用で、飛行機の搭乗後でも疲れを感じず、搭乗前より元気になれるサービスの提供を目指して取り組む「ANA Travel Wellness 乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクトに取り組んでおり、同アプリはその第一弾として開発を進めているもの。

今回は、開発に共感した海外渡航業務のある企業に、従業員の海外渡航時に同アプリの提供を行なう。業務の生産性を低減する要因の一つでありながら、これまで従業員各自に委ねられていた時差ボケへの対処をすることで、各企業の働き方改革への活用としての効果も期待されているという。

ANAでは同アプリについて、2020年4月のサービス開始を目指す。今後は、ANAのラウンジや機内サービスとの連携、タビマエ~タビナカ~タビアトでの提携先との連携など、アプリ内に留まらないサービス提供を検討していく。

トラベルボイス編集部

最終更新:8/21(水) 13:10
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事