ここから本文です

台風で延期の「熊野大花火大会」準備始まる 三重・熊野市

8/21(水) 12:00配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 三重県熊野市で21日朝、台風10号の影響で今月26日に延期になった「熊野大花火大会」の準備が始まりました。

 会場の七里御浜海岸では、午前6時から市の職員や実行委員会らによって、観覧席や危険な場所などをロープやテープで区切る作業が始まりました。

 「熊野大花火大会」は毎年8月17日に開催されますが、今年は台風10号接近による高波のため、今月26日に延期になっています。

 熊野市観光協会の中平孝之会長は「熊野古道世界遺産登録15周年記念花火で、予算もかなりアップしているので、ぜひ足を運んでいただきたいと思っています」と話していました。

 「熊野大花火大会」は江戸時代にお盆の先祖供養として始まったとされ、約1万発の花火が紀州路の夏の夜空を彩ります。

中京テレビNEWS

最終更新:8/21(水) 12:00
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事