ここから本文です

どうして日本の10代の少女は容姿に自信がないのか? 専門家に聞きました

8/21(水) 12:20配信

ハフポスト日本版

「もう少し背が高かったら」「二重になりたい」。

多くの人が持っている外見へのコンプレックス。日本人は特に、自分の容姿に自信を持っていないと言われています。『化粧と人間―規格化された身体からの脱出』の著書があり、美のあり方について詳しい駒沢女子大学の石田かおり教授に、どうすれば自分の外見を肯定的にとらえられるようになるのか、朝日新聞文化くらし報道部記者・岩井建樹さんが尋ね、ハフポスト日本版に寄稿しました。

「世間並みの美しさ」求める日本人

ユニリーバのビューティーケアブランド「ダヴ」の調査(2017年)によると、日本の少女(10~17歳)の93%が容姿に「自信がない」と答えました。調査の対象となった14カ国のうち最も高い割合です。なぜ、日本の若者たちは自己肯定感が低いのか? 石田教授はその理由について「世間並みの美しさを求める横並び意識があるから」と指摘します。

「今の女子大学生を見ていると、彼女たちの親の代と比べ、ミスコンの基準で言えば体形はよくなっていると感じます。さらにファッションセンスも洗練され、美しくなっているように思えます。

それでも自信が持てないのは、世間並みの美しさを求めるからです。メディアやSNSに登場する俳優やアイドルから、そのイメージが作り上げられます。若い女性で言えば、『ぱっちり二重』『美白』『やせていること』が大事で、同じような顔や体形を求めます。そうした世間並みの美しさと自分を比べれば、自信を失ってしまうのは当然です。外見は本来、一人一人が違う多様なものですから」

「世間並みの外見に近づくため、整形する若者も増えています。プチ整形で二重にする女性が増えている。周りにも隠さないし、メイクの延長という感じです。整形が悪いと言いたいわけではありません。ただ、これが『標準』という感覚になり、整形していない人に『どうしてしないの?』とか、『就活前には整形するのが当たり前』などと圧力がかかるような社会になったら問題です」

1/4ページ

最終更新:8/21(水) 12:20
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事