ここから本文です

海洋汚染を身近に感じて 子どもたちが「海ごみ」を使って工作 高松市

8/21(水) 18:20配信

KSB瀬戸内海放送

 世界的に問題になっている海洋汚染を身近に感じてもらおうと、「海ごみ」を使った工作教室が高松市で開かれました。

 香川県が開いたもので、県内の小学生約20人が参加しました。

 まず挑戦したのは万華鏡作り。中に使われているのは「マイクロプラスチック」です。
 マイクロプラスチックとは、5ミリ以下のプラスチック粒子のことで、海に住む生き物が、えさと間違えて食べてしまい生態系への影響が心配されています。

 子どもたちは、キャップにマイクロプラスチックを入れて筒の先端にはめ込み、キラキラ輝く様子を楽しんでいました。

(参加した児童はー)
「鮮やかな色」
「ごみだけどきれいに見えた」

 また、海岸に打ち上げられたペットボトルのキャップなどを使って、全長約2メートルの「ウミゴミラ」のオブジェを作りました。
 今後、県の啓発ポスターに使われます。

最終更新:8/21(水) 18:44
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事