ここから本文です

八村に続け! 奥田中女子バスケ全国大会へ/富山

8/21(水) 20:52配信

チューリップテレビ

 富山市の奥田中学校女子バスケットボール部が創部以来初となる全国大会に挑みます。
 奥田中学校出身で、NBA入りを決めた先輩八村塁選手に続けと選手たちは練習に力が入っています。

 八村選手の母校・奥田中学校女子バスケットボール部。
 今月9日の北信越大会で準優勝を果たし創部以来はじめてとなる全国大会出場を決めました。
 そのチームを率いるのが八村選手の指導にも当たった坂本譲治コーチです。

 「北陸らしく富山らしく泥臭く、とにかく一生懸命守ってなんとか点数を抑えて相手のストレスをためさせるようなバスケットを指導している」(坂本コーチ)

 チームの武器は堅いディフェンス。
 全員で守り抜き守りからリズムを掴み勝ち上がってきました。

 「とにかくディフェンスを頑張って速攻を出してセットプレーの細かいところを重視して練習しています」(水口主将)

 攻撃面では絶対的なエースはいないものの全員に得点力がありどこからでも得点が狙えます。
 その起点となるのが司令塔でキャプテンの水口一果選手。
 坂本コーチを指導を受けるため魚津市から通っています。
 的確な指示とガッツあふれるプレーでチームをひっぱります。

 「一生懸命やれば自分のためにもなるからきつくても一生懸命やろうと思います」(水口主将)

 NBAプレーヤー八村選手が坂本コーチから教わった言葉「一生懸命を楽しむ」はしっかりと選手たちに受け継がれています。

 「ここまでこれたのは皆さんのおかげなので感謝の気持ちを忘れず一生懸命頑張ってきます」(水口主将)

 奥田中出身の先輩八村選手の活躍に続けと持ち味のディフェンスにさらに磨きをかけ全国大会での勝利を目指します。

 「八村がこの前富山に来てくれて、おめでとうすごいですねって行ってくれた。八村効果って言われるように八村を応援できるためにも頑張ろうかなと」(坂本コーチ)

チューリップテレビ

最終更新:8/21(水) 20:52
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事