ここから本文です

日韓外相会談終え「最大の懸案事項という認識は共有」「意思疎通続けていくことで一致」 河野外務大臣

8/21(水) 16:08配信

AbemaTIMES

 21日、日韓外相会談が行われ、会談終了後に河野外務大臣が会見を開いた。

 韓国・康京和外相との会談を終えた河野外務大臣は「日韓の最大の懸念事項である、旧朝鮮半島出身労働者問題について、韓国側の対応をしっかり求める旨、私の方から申し上げた。今後とも外務大臣同士を含め、外交当局間で意思疎通を緊密にして、問題解決を図ろうと。北朝鮮問題・その他国際情勢にしっかり緊密に連携していこうということ」とコメント。

【映像】日中韓外相並び笑顔で写真撮影も言葉は交わさず

 また、日韓関係について会談で進展があったかについては、「お互いの立場を明確にしたうえで、この問題が最大の懸案であるという認識は共有できている。外交当局の間でしっかりと問題解決に向けて意思疎通を続けていくということは一致した。これからしっかり前進させていきたい」とした。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:8/21(水) 16:55
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事