ここから本文です

夏の長時間の外出におすすめ!崩れにくいベースメークとは?

8/21(水) 18:00配信

magacol

バーベキューやキャンプ、アウトドアなど、屋外でのレジャーが増える夏。気づいたらうっかり日焼けやメーク崩れ、なんてことも…。そこで今回は美容家の山本未奈子さんに、長時間の外出でも崩れないベースメークの仕方について教えてもらいました。

教えてくれたのは

美容家 山本未奈子さん
「MNC New York Inc.」代表。1975年生まれ。ニューヨーク有数の美容学校を首席で卒業。「美肌に必要なのは時間やお金ではなく、正しい知識」という自身の美容論に基づき、美容企画の監修や講演などを行う。3児の母。

ベースメークは油分が少ないアイテムを使う

紫外線対策には日焼け止めに、UVカットできる化粧下地&ファンデーションを重ねるのがベストですが、屋外にいる時間が長いと汗や皮脂は出やすい状態に。スキンケア同様、ベースメークも油分の少ないものや皮脂分泌を抑えるもので崩れを防ぎましょう。

【1】日焼け止めはSPF50+、PA++++でみずみずしいものを選んで

夏の強力な紫外線を徹底ブロックするためには最高レベルの防御値が必要。ジェルやエッセンスなどのウォーターベースの日焼け止めはつけ心地が軽く、化粧下地やファンデを上に重ねてもストレスになりません。

【山本さんの今季No.1UVケアアイテム】ミクロレベルの塗りムラをカバーする機能性にも惚れ惚れ

気持ちよく肌になじむウォーターベース。汗やこすれに強い。ビオレUV アスリズム スキンプロテクト エッセンス SPF50+・PA++++ 70g オープン価格(花王)

みずみずしくて軽いのに密着感が素晴らしい!

紫外線だけでなく、ブルーライトやPM2.5、タバコの煙などもブロックして肌を守る。ウォーターフィールUVジェルα SPF50+・PA++++ 75g ¥2,800(アユーラ)

白くならずに透明感が出る!

みずみずしい日焼け止めはのびがいいだけでなく、白くなりにくいのも魅力。肌に透明感を与えるのでメークのノリもよくなります。ビオレUVとアユーラはどちらもボディにも使えるタイプで便利!

【2】皮脂を抑えてうるおう下地をセレクト

化粧下地は肌の凹凸や色ムラを整えてファンデの密着力を上げるアイテム。日中に出る余分な皮脂や汗を吸収する効果があるものなら、テカリも毛穴の開きも目立たなくなります。顔全体にのばし、小鼻のキワなどは丁寧に塗ります。

1/2ページ

最終更新:8/21(水) 18:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事