ここから本文です

心臓発作後から引退が噂されるカシージャス、12月に去就決断へ

8/21(水) 19:23配信

SPORT.es

イケル・カシージャスは再びFCポルトのシャツを着て、エスタディオ・ド・ドラゴンのゴール下に帰ってくるかもしれない。このことはポルトガルのメディア『A Bola』によって報じられており、医師による精密検査の結果(同プレーヤーが受けた検査)が陽性であれば、38歳で競技場に戻ることができるという。

マルセロが明かすレアル・マドリーの宿命とは

スペインのモストレス出身の同GKは、昨年5月の練習中に起こった急性心筋梗塞により競技から離れていた。

それ以来、手術後に自身の体調を考慮して引退するという噂を否定したカシージャスは、チームメイトと役員の間の連絡係として働きながら回復に努めてきた。

ポルトは当初、彼に引退を提案したものの、カシージャスは38歳で再びスター選手に戻りたい気持ちになったという。プロとしてのステージを終える提案に反したカシージャス。ピッチでゴールを守ることが何であるかを感じるべく、彼は現役続行が可能かどうかを判断するための結果を待っている。

彼の生涯で最も緊迫した未来については、彼の心臓の状態を分析した検査結果をいくつか行い、12月には決断するようだ。

こうしてプロとして22年を経たカシージャスの心臓は、再び別のゲームに勝つための鍵になるだろう。

(文:sport)

SPORT

最終更新:8/21(水) 19:38
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事