ここから本文です

「金融リテラシー」は上昇傾向。それでも低い日本…その背景に「日本人の美徳」

8/21(水) 20:45配信

LIMO

おわりに

一般的に、日本人の金融リテラシーは、比較した幾つかの先進国に比べ、低いと言わざるを得ません。一方で、金融リテラシーが高い人には、情報を頻繁に見ている、計画をたてている、他の商品と比較している、相談している、商品性を理解したうえで購入している、等の特徴がみられます。

結果として、金融トラブルが少なく、借り入れの負担感が低く、経済ショックへの耐性も強い傾向があることも明らかになりました。

自分や家族の将来のためにも、金融トラブルから身を守るためにも、本記事が、家族でお金について話し合うきっかけとなり、金融リテラシーの向上につながれば幸いです。

【参考】
※1「最低限身に付けるべき金融リテラシー」金融庁
※2「金融リテラシー調査 2019年」金融広報中央委員会
※3「家計調査報告(貯蓄・負債編)―2018年(平成30年)平均結果―(二人以上の世帯)」総務省統計局

広瀬 まき

3/3ページ

最終更新:8/21(水) 20:45
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事