ここから本文です

お盆の車トラブルは増加した? 多発するトラブルの対処方法とは

8/21(水) 12:00配信

くるまのニュース

JAFの救援依頼、お盆期間でもっとも多かった日はいつだったのか

 ロードサービスを提供するJAFは、2019年のお盆期間(8月10日から18日まで)の救援受け付け件数を発表しました。

お盆に救援依頼が多く寄せられる車のトラブル、意外な原因とは(26枚)

 お盆期間はクルマでの長距離移動も増える季節ですが、いったい何件の救援があったのでしょうか。

 2019年のお盆期間で、JAFが受け付けたロードサービス件数は、一般道路と高速道路を合わせて6万8317件となり、2018年同期間の7万1255件から減少しました。

 そのうち、一般道路でのロードサービス件数は6万5041件で、高速道路でのロードサービス件数は3276件を記録しています。

 JAFの北海道本部から九州本部までのエリア別で見ると、もっとも多かったのは一般道路/高速道路ともに関東本部(一般道:1万9064件、高速道路:1030件)となっています。

 また、9日間の日別でみると、8月10日が8338件(一般道:7942件、高速道路:436件)で最大件数となりました。

※ ※ ※

 救援依頼が寄せられる原因となるトラブルには、どのようなものが多いのでしょうか。

 2018年のお盆期間の詳細データによると、高速道路よりも多かった一般道路での救援依頼(6万6827件)のうち、1位の救援件数となったトラブルはバッテリー上がり(過放電バッテリー、2万332件)でした。

 バッテリー上がりを防ぐ方法として、JAFは次のように説明します。

「バッテリー上がりを防ぐための日々の点検として、バッテリーの外観にヒビや膨らみが無いか、上部の端子や金具が緩んでいたり錆びていないか、バッテリー液の量は正常か、といったものが挙げられます。

 バッテリーの点検は、法律でも義務付けられている点検項目のひとつですので、1か月に1回は点検してください」

※ ※ ※

 一方、高速道路での2018年のお盆期間における救援依頼1位は、タイヤのパンク(バースト・エアー圧不足を含む、1292件)でした。

 タイヤのトラブルを防ぐ方法としては、走行前の空気圧チェックや、寿命が近かったり溝が浅いタイヤは交換することが有効です。一般的に乗用車用タイヤの寿命は3年から5年といわれています。

 なお、2018年の1年間を通したデータでも、1位のトラブル内容は一般道路/高速道路ともに変わりありませんでした。

 クルマにまつわるトラブルで代表的なものは、バッテリー上がりやタイヤのパンクをはじめ、燃料切れなどが挙げられます。

 年ごとで内容に大きな変化がある訳ではなく、毎年同じようなトラブルが多く発生している状況です。

 日常的な点検・チェックを怠らずにおこなうことで、トラブルを未然に防ぐことが求められています。

くるまのニュース編集部

最終更新:8/21(水) 12:00
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事