ここから本文です

イメチェン成功?失敗? マイナーチェンジで格好良くなったクルマ3選

8/21(水) 16:10配信

くるまのニュース

クルマもイメチェンで印象アップ?

 昔は、フルモデルチェンジの周期は4年ほどで、マイナーチェンジは2年というのが定番でした。現在は新車が出ると10年近く売るのが珍しくないので、何度もマイナーチェンジをおこなうこともあります。

これはアリ?ナシ? イメチェンした変わったクルマを見る(16枚)

 マイナーチェンジにはいくつかの種類かあります。通常は、安全装備の追加などメカニズムに関わる変更、サスペンション設定やエンジンコントロールの改善、カラーリングの追加や変更などにとどまります。

 しかし、フルモデルチェンジではないものの「フェイスリフト」とも呼ばれるように大幅な外観デザインの変更や、エンジンやトランスミッションの大幅改良など大規模な変更がおこなわれる、通称「ビッグマイナーチェンジ」や、細かな部分が変更される「一部改良」といわれるものなどさまざまです。

 そんな、マイナーチェンジでガラッと印象を変えた国産車のなかから、3台を紹介します。

●三菱「デリカD:5」

 三菱「デリカD:5」のデビューは2007年で、じつに10年以上ものロングセラーなモデルとなっています。

 ミニバンでありながら本格的な4WDシステムを搭載し、優れた悪路走破性を実現。後にクリーンディーゼルエンジンが追加されるなど、唯一無二のミニバンSUVとして、アウトドア好きのファミリー層に絶大な人気を誇っていました。

 しかし、一般のユーザーからは日産「セレナ」やトヨタ「ノア」3兄弟や、「アルファード/ヴェルファイア」の方が、使い勝手やデザインなどトータルで人気があるのが実情です。

 そこで「デリカD:5」は2018年11月に大規模なデザイン変更が行なわれるに至りました。これまでのオフロードをイメージするようなアクティブな印象から、都会的な重厚感をもたせたデザインに。

 評価は賛否両論あるようですが、従来型(ガソリン車のみ)も併売されるので、選択肢は残されています。

●スバル「インプレッサ」

 スバル「インプレッサ」というとラリーに代表されるモータースポーツでの活躍で、走りを重視するユーザーに絶大な人気を誇ったモデルです。

 現在販売されている「インプレッサG4/スポーツ」は、かつてのポジションを「WRX」に譲り、オーソドックスなセダン、ワゴンとなっています。

 その「インプレッサ」ですが、これまで高性能版である「WRX/WRX STi」グレードのアップデートと併せて、大規模な改修を行なった歴史があります。

 とくに顕著だったのが2000年から2007年まで販売されていた第二世代です。

 2000年のデビュー時は円形のヘッドライト(通称:丸目)でしたが、2002年には横長型(通称:涙目)、2005年につり上がった精悍な印象(通称:鷹目)へと、変化しました。

 これだけ短期間に変更を繰り返したのは、やはりデザインが不評だったということがあったようです。

 なお、ヘッドライトの形状変更は、ボンネットやフロントフェンダーの造形にも影響がありますので、コストも相当かかっていたと思います。

1/2ページ

最終更新:8/22(木) 11:59
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事