ここから本文です

米国務長官、対中貿易戦争は2020年選挙までに解決可能-CNBC

8/21(水) 7:08配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ポンペオ米国務長官は20日、中国との貿易戦争が2020年11月の米大統領選までに解決可能だとの見解を示したとCNBCが伝えた。企業幹部など約40人が出席した私的な昼食会で発言した。同会合に参加したエコノミストのスティーブン・ムーア氏をCNBCは引用。

ムーア氏はCNBCに対し、通商合意の見通しについてポンペオ長官は強気な様子だったとした上で、「選挙前に合意に達することができると長官はなお考えている」と述べた。ただ、長官は即時合意を妨げるハードルが残っているとも語ったとした。

CNBCによると、昼食会にはブラックストーン・グループのスティーブン・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)やニューヨーク市のス ーパーマーケットチェーン、グリステデスを保有するレッド・アップル・グループの創業者で会長兼CEOのジョン・キャツィマティディス氏も参加した。

キャツィマティディス氏はCNBCに、ポンペオ長官は「恐らく20年を待たずに決着すると思っている」と語った。

CNBCは国務省の担当者とブラックストーンにコメントを求めたが返答はなかった。

原題:Pompeo Says China Trade War Could Be Over By 2020 Election: CNBC(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Chelsea Mes

最終更新:8/21(水) 9:22
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事