ここから本文です

8月が終わる前に株式に資金回帰、相場は2%上昇も-JPモルガン

8/21(水) 15:32配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): JPモルガン・チェースのマクロクオンツ・デリバティブ調査責任者、マルコ・コラノビッチ氏によれば、8月が終わる前に投資家が株へと回帰し、株式相場が1.5-2%上昇する可能性がある。

S&P500種株価指数は週ベースで16日まで3週連続で下落し、この間に米国債相場は上昇した。この結果、資産配分が固定されているポートフォリオで株式が2%のアンダーウエートになったとコラノビッチ氏は指摘。運用者らが月末までにバランス修正で株式に回帰するとの見通しを示した。

JPモルガンのアナリストらによると、米国債イールドカーブ逆転でリセッション(景気後退)懸念が高まった先週、プログラム売買での株売りは750億ドル(約8兆円)に達した。また、ヘッジファンドの株式エクスポージャーは過去最低付近となった。コラノビッチ氏によれば、このようなポジションは相場にプラスのシグナルだ。

同氏は20日のリポートで、市場のボラティリティーが低下し流動性が改善する可能性があると指摘した。「株式フローは、主に貿易関連の動向に左右されるため、貿易戦争に関する衝撃的なツイートや発表が引き続き市場を支配する可能性が高い」とも記した。

原題:JPMorgan’s Kolanovic Sees Pivot Back to Stocks by End of August(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Elena Popina

最終更新:8/21(水) 15:32
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事