ここから本文です

中国外務省が海外メディアに書簡-香港情勢の説明に乗り出す

8/21(水) 17:17配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 香港での抗議活動が世界の主要ニュースとして報じられる中、中国外務省は海外メディアに書簡を送り、香港情勢の説明に乗り出した。

外務省はウォールストリート・ジャーナル(WSJ)やロイター通信、AFP通信など海外メディアのシニアエディターに送った書簡で、香港での抗議活動に関する中国側の説明を列挙。ブルームバーグ・ニュースも書簡を受け取った。

計43ページに及ぶ書簡と付属文書には、中国政府が「法の支配を踏みにじることを狙い」、「香港での混乱」の引き金となった暴力的な活動と表現する出来事が時系列で示されていた。書簡は主に中国国営メディアのニュースを引用し、「外国勢力」とデモ参加者とのつながりを詳しく説明した。

書簡で使われていた表現は香港での混乱を強調するとともに、抗議活動への参加者を暴徒として描写、デモ隊と警察が衝突する中で暴力を助長しているとして米国を非難したこれまでの流れと一致していた。

原題:China Seeks to Shape Hong Kong Narrative with Letter to Media(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Bloomberg News

最終更新:8/21(水) 17:17
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事