ここから本文です

ドイツ30年債入札、需要は低調-落札利回り過去最低のマイナス0.11%

8/21(水) 19:40配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ドイツ政府が21日実施した30年物ゼロクーポン債の入札は、需要が低調だった。

2050年償還債の発行額は8億2400万ユーロ(約970億円)相当にとどまった。予定されていた20億ユーロの3分の2近くはドイツ連邦銀行(中央銀行)が引き受けた。入札後の流通市場でドイツ国債は前日比で下落。

平均落札利回りは過去最低のマイナス0.11%。応札倍率は1.05倍と7月17日の1.07倍を下回った。連銀の引き受け分を含めて算出した実質応札倍率は0.43倍、前回は0.86倍。

ロンドン時間午前11時現在、ドイツ30年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇のマイナス0.12%。10年債も2bp上昇しマイナス0.68%。

原題:Germany Sees Anemic Demand for 30-Year Bond Sale at Zero Coupon(抜粋)Germany Sees Anemic Demand for 30-Year Bond Sale at Zero Coupon

(c)2019 Bloomberg L.P.

John Ainger

最終更新:8/21(水) 19:40
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事