ここから本文です

<RAMPAGE川村壱馬>「クローズ」高橋ヒロシから役作りのアドバイス 「HiGH&LOW THE WORST」舞台あいさつ

8/22(木) 7:20配信

まんたんウェブ

 「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の川村壱馬さんが8月19日、東京都内で行われた映画「HiGH&LOW THE WORST」(久保茂昭監督、10月4日公開)の舞台あいさつに登場。鬼邪高校の全日制の“頂点(テッペン)”を目指す花岡楓士雄を演じた川村さんは、マンガ「クローズ」「WORST」の作者、高橋ヒロシさんから直接役作りのアドバイスをもらったことを明かして会場を沸かせた。

【写真特集】映画版の前日談「EPISODE.O」って? “鬼邪高校の戦国時代”とは…

 川村さんは、楓士雄について「人に対して熱くなれる男で。自分にないものを演じさせていただくということで、振り切ってやらないとたぶん演じきれないなと思った」と撮影時の心境を明かし、「役に本気で向き合おうと思って、試行錯誤しながら……すごく難しかったですけど、頑張りました」とにっこり。

 さらに高橋さんと食事をした時に、楓士雄について「坊屋春道(『クローズ』の主人公)から女好きの部分を抜いたような感じなんだよね」と言われたことを明かし、「そのなにげないアドバイスが自分の中にあったので、『クローズ』『WORST』目線で花岡楓士雄というキャラクターを作っていった感覚が自分の中では強いですね」と話していた。舞台あいさつには山田裕貴さん、前田公輝さん、吉野北人さん、神尾楓珠さん、龍さん、鈴木昂秀さん、一ノ瀬ワタルさん、志尊淳さん、葵揚さん、小柳心さん、荒井敦史さん、白洲迅さん、中務裕太さん、小森隼さん、久保監督も出席した。

 「HiGH&LOW」は、ドラマや映画、SNS、配信、マンガ、オリジナルベストアルバム、ライブなどが連動した「EXILE TRIBE」によるエンターテインメントプロジェクト。「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」の五つのチームが拮抗(きっこう)するSWORD地区を舞台に、男たちのプライドを懸けた壮絶な戦いや仲間との友情、絆などを描いている。

 新作映画「HiGH&LOW THE WORST」は、高橋ヒロシさんのマンガ「クローズ」「WORST」とのクロスオーバー作。「HiGH&LOW」シリーズに登場する“漆黒の凶悪高校”鬼邪高校と、マンガ「クローズ」「WORST」に登場する幹部以外スキンヘッドの最強軍団・鳳仙学園が頂上決戦を繰り広げる。

 ※注:高橋ヒロシさんの「高」ははしごだか。

最終更新:8/22(木) 7:20
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事