ここから本文です

ホンダF1の今後は? オーストリアGP優勝は、F1参戦継続を”後押し”する重要な1勝に

8/22(木) 11:56配信

motorsport.com 日本版

 ホンダの山本雅史F1マネージングディレクターは、2019年シーズン前半戦の結果が、F1におけるホンダの将来に良い影響をもたらすと考えている。

【ギャラリー】フェルスタッペンが100人目! F1歴代ポールシッターを振り返る

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、第9戦オーストリアGPで今季初勝利を挙げた。これは、ホンダにとって2015年のF1復帰後初の勝利であり、2006年8月のハンガリーGP(ジェンソン・バトン)以来の勝利だった。

 フェルスタッペンは第11戦ドイツGPで2勝目を挙げ、第12戦ハンガリーGPではポールポジションを獲得。決勝では惜しくもルイス・ハミルトンに敗れたものの、メルセデスに最も近いチャレンジャーの座を固めて夏休みに突入した。

 ホンダは、来季の終了後もF1での活動を継続するかどうかを検討している最中だ。レッドブルのホームであるオーストリアでは、倉石誠司副社長など、ホンダの幹部が複数人訪れ、レッドブルと将来のプロジェクトに関する議論が行われた。フェルスタッペンは、まさに絶好のタイミングで勝利を挙げたわけだ。

 ホンダの山本MDは、ホンダのF1復帰後初勝利の場所とタイミングという意味で、オーストリアは”鈴鹿と匹敵するほど”重要だったと、Autosport.com/motorsport.comに語った。

 山本MDは、今季これまでの成績について、”望んでいた計画に完全に合致している”と付け加えた。

「これ以上、できることはあまりありません」

「私たちが言い続けてきたのは、昨年のレッドブルが出した結果を超えたいということです」

「私たちは5勝を挙げたいとは言っていませんでしたが、昨年レッドブルが獲得したポイントを超えたいと考えており、5勝は可能かもしれません」

 レッドブルは、ルノーのパワーユニットを搭載していた2018年に、4勝を記録。合計13回の表彰台を獲得した。一方、レッドブル・ホンダは12レースを消化した時点で2勝。表彰台は計5回だ。一方、獲得ポイントを比較すると、レッドブルは昨年以上のペースでポイントを積み重ねている。

 ピエール・ガスリーがフェルスタッペンに匹敵するパフォーマンスを残せず、夏休み明けのベルギーGPからは今季トロロッソからデビューしたばかりのアレクサンダー・アルボンがレッドブルに昇格する事態に陥っているにも関わらず、レッドブルは昨年の同じ時期よりも21ポイント多い、244ポイントを獲得している。

 特にフェルスタッペンは素晴らしいシーズン前半戦を送っている。2018年は前半12レースで105ポイントを獲得していたのに対し、今季は全レースを5位以上でフィニッシュしており、181ポイントを稼いでいる。

 2018年に中国GPとモナコGPで勝利したダニエル・リカルドでさえ、同じ時期に118ポイントしか稼いでいなかったことも考えると、その安定感は印象的だ。

 これまでモータースポーツ部長を務めていた山本MDは、今季からF1専任のポストに就任。レッドブルとのプロジェクトに専念する形となり、ホンダはより”結果を出す体制”へとシフトした。

 今季前半戦で2勝を挙げたことで、ホンダ社内だけでなく日本のファンからも大きな反応が得られたため、山本MDはホンダのF1参戦継続に対する自信が深まったと話した。

「それ(今季前半の成績)は、参戦継続を後押しすることになると思います」

「ホンダが勝ったことで、ホンダと(日本の)社会全体が非常に良いムードになっています。私たちにとって、それはとても良いことです」

「現時点で、(今後について発表する)タイミングを明確にすることは非常に困難です。社内で議論をしているのは事実です」

「しかし現時点では、いつ発表できるかは言えません」

Scott Mitchell

最終更新:8/22(木) 11:56
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事