ここから本文です

羽田の米国路線、24便増 20年3月の発着枠配分で

8/22(木) 13:01配信

Aviation Wire

 国土交通省航空局(JCAB)は8月21日、羽田空港の昼間時間帯発着枠について、米国路線分を日米12枠(便)ずつ計24枠を新たに配分したと発表した。同日開かれた日米の航空当局間協議によるもので、夏ダイヤが始まる2020年3月29日から航空会社が増便できる。既存の日米5枠ずつと合わせると、米国路線の昼間時間帯発着枠は17枠ずつに増える。

 羽田の昼間時間帯は午前6時から午後10時55分まで。今回配分された昼間帯の発着枠に加え、午後10時から翌日午前6時55分までの深夜早朝時間帯には、日米1枠ずつが配分されており、両時間帯を合わせると2020年の夏ダイヤで米国路線は日米18枠ずつ計36枠になった。

 発着枠は出発と到着を合わせて1枠としてカウントしている。36枠を便数で表記する場合、1往復をセットで数えると36便(36往復)、片道ずつ個別の便として数えると72便になる。

 米国側の配分は、9日に米国運輸省(DOT)が正式決定済み。最多がデルタ航空(DAL/DL)の5枠、ユナイテッド航空(UAL/UA)が4枠で続き、アメリカン航空(AAL/AA)が2枠、ハワイアン航空(HAL/HA)が1枠となった。ユナイテッドは全日本空輸(ANA/NH)、アメリカンとハワイアンは日本航空(JAL/JL、9201)と提携しており、日本に提携先がないデルタに優先配分された。

 デルタは現在のロサンゼルス線とミネアポリス線に加え、成田発着のシアトル線とデトロイト線、アトランタ線、ポートランド線、ホノルル線を羽田へ移管。成田からは撤退する。ユナイテッドは現在のサンフランシスコ線に、シカゴ線とロサンゼルス線、ニューアーク線、ワシントンD.C.線の4路線が加わる。アメリカンは現在のロサンゼルス線に、ダラス線とロサンゼルス線を加える。ハワイアンは現在のホノルル線(週11往復)とコナ線(週3往復)に加え、ホノルル線を週7往復増便する。

 日本側12枠の配分は最終決定していないが、ANAとJALに6枠ずつ配分される見通し。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:8/22(木) 14:54
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事