ここから本文です

ロジャーバローズ、アロースタッドに到着

8/22(木) 11:41配信

netkeiba.com

 2019年の 東京優駿(GI)(第86回 日本ダービー)をレコードタイムで制しながらも右前脚浅屈腱炎を発症して現役引退が発表されたロジャーバローズ(牡3歳 栗東・角居 勝彦 厩舎)が22日午前、北海道新ひだか町のアロースタッドに到着した。

 2020年シーズンから種牡馬生活に入る。到着には馬主の猪熊広次氏や、生産者である飛野牧場の飛野正昭代表も駆けつけて、同馬の門出を祝った。種付料などは未定。

 通算成績は6戦3勝2着2回。おもな勝ち鞍には日本ダービーほか、福寿草特別などがある。

最終更新:8/22(木) 11:41
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事