ここから本文です

古江彩佳が首位キープ、2位に西村優菜 3位以下を大きく突き放す【プロテスト第1次予選・D地区】

8/22(木) 16:44配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<LPGAプロテスト第1次予選 D地区 2日目◇22日◇有馬ロイヤルゴルフクラブ (兵庫県)◇6366ヤード・パー72>

プロテスト合格直後の原英莉花 今よりちょっとあどけない?

兵庫県・有馬ロイヤルゴルフクラブで行われている「2019年度のLPGAプロテスト 第1次予選D地区」の2日目。地元兵庫県・滝川第二高出身で元ナショナルチーム経験も持つ19歳の古江彩佳が連日の「63」を叩きだし、トータル18アンダーで首位をキープした。

2位には同じく元ナショナルチーム経験も持つ19歳・西村優菜。「63」と古江と同じスコアでトータル15アンダー。3位以下に6打差をつけている。

3位にはトータル9アンダーの仲村果乃。トータル7アンダーの4位タイには安福千乃、金城和歌奈が続いている。なお、昨年の国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」で優勝争いに加わった上野菜々子はトータル1オーバーの33位タイとなっている。


第1次予選は3日間競技。兵庫会場を含め5会場(栃木、千葉、三重、山口)で実施され、各会場の上位選手が、3会場(茨城、三重、兵庫)で行われる第2次予選に進む。最終テストは11月5~8日に岡山県のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で行われる。

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8/22(木) 16:44
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事