ここから本文です

「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」がソニー史上最大のヒット映画に

8/22(木) 17:30配信

映画.com

 [映画.com ニュース] シリーズ最新作「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」が、「007 スカイフォール」が2012年に樹立した世界累計興収11億ドルを超え、ソニー・ピクチャーズ配給作品としては史上最大のヒット映画となったと米The Wrapが報じている。

 マーベル・シネマティック・ユニバースの総決算と位置づけられた「アベンジャーズ エンドゲーム」の数カ月後に公開された同作は、歴代興収1位となった「エンドゲーム」の余韻と次の展開を感じさせる内容から、観客が殺到。「スパイダーマン」シリーズとして過去最高だった「スパイダーマン ホームカミング」の世界累計興収8億8000万ドルを超え、現時点で北米興収3億7650万ドル、世界興収7億3300万ドルとなっている。なお世界興収のうち、2億500万ドルは中国市場である。

 今後、ソニーは「ゾンビランド」の続編「ゾンビランド ダブルタップ」、リブート版「チャーリーズ・エンジェル」、「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」の続編「ジュマンジ ザ・ネクスト・ステージ(原題)」と注目作の公開を控えていることから、年間累計興収で新記録を更新する可能性もありそうだ。

最終更新:8/22(木) 17:30
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事