ここから本文です

誰でもキレキレなダンスが踊れるステージ「NO BORDER」ゆにばーす川瀬名人の動画が6万回超え!「声上げて笑った」「何度も見てしまう」と反響

8/22(木) 13:19配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

『NO BORDER』は、パナソニック製3Dスキャナーを使い、たった5分で3Dアバターを作成して、観客自身がステージ上でアバターを使ってダンスを踊ることができるという新感覚のライブエンターテインメント。

【詳細】「NO BORDER」爆笑したと話題の投稿

これを手掛けるのは、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』や『電波少年シリーズ』を担当したテレビプロデューサーの土屋敏男さん。当時T部長と呼ばれており、番組内で恐れられていました。T部長を思い出すとダースベイダーの曲が頭の中でぐるぐる流れてきませんか(笑)

そんな破天荒なT部長がプロデュースしてるのなら面白くないわけがないっ!

ゆにばーす川瀬名人のアップした動画が話題に
3Dスキャナーで作成すると1人2体のアバターが出るのですが、川瀬名人の相方はらちゃんのアバターが1体おかしなことに(笑)。衣装チェンジをして撮影したのが悪かったのか?マントのような服で、体もなぜか斜めってるはらちゃんアバター(笑)。

この動画がクセになるようで、再生回数が6万回を超えています!二度見、三度見したくなる動画ですよね。フォロワーからも「声上げて笑いました」「何度も見てしまう!」とのコメントが寄せられており、リツイートも277件されており注目を集めていました。

ゆにばーす はらちゃんといえば詐欺メイクで有名
上下どちらも、ゆにばーす はらちゃんなんです。はらちゃんの「詐欺メイク」のレベルが高すぎてもはや別人のよう。フォロワーからも、「わぁ~めっちゃ可愛い」「さ、詐欺すぎる(笑)」「はらちゃん、益々メイクレベル上がってる!美しい」と、メイクの腕前に女子たちから反響のコメントがたくさん。

しゃかりき光ママもキレッキレのダンス踊ります!
ママさんバレーのお母さん「光ママ」のインスタで有名なしゃかりきの光さん。ツイッターに光ママがキレッキレのダンス動画をアップしたら、「ダンス動画もっと見たいです!」とあまりの面白さにおかわりコメントや、「ホントに踊ってるの?!」とアバターであることに気づかず驚きを隠せないフォロワーまで(笑)反響が大きかったです。

赤ちゃんを抱っこした状態でも踊れます(笑)
誰でも踊れるのがNO BORDERの魅力のひとつ。アインシュタイン河井ゆずるさんが上げた動画には、小さいお子さんや赤ちゃんを前抱っこしたママさんまでもキレッキレで踊っちゃってます(笑)赤ちゃん連れの親子でも楽しめますし、見てる側もなんだか笑えてきませんか。前抱っこで踊るなんてありえない状況なのに、ありえてしまうのがNO BORDERなんです!

車椅子の人もこの通り!
YouTuberの寺田ユースケさんは、生まれつきの脳性麻痺により足が不自由で車椅子生活をしています。寺田さんもNO BORDERに参加。「生まれてから29年間。足が不自由で車椅子で生活していて…ダンスしようって思えなかった。踊っている姿をみられる日が来るなんて夢にも思わなった。最高です。この時代に生きてて良かった。テクノロジーすごい!!!NO BORDER ありがとう!!!」と、大絶賛のツイートをしています。

ソロダンスを踊るかも?!
エルフの荒川葉月さんがNO BORDERに参加する際の注意点をツイートしました。「ソロで踊っちゃう可能性があるからスッピンで行かない事。ソロで踊っちゃう可能性があるから服は5軍で行かない事。」だそうです(笑)。メイクやファッションを手抜きで行って、まさか自分がソロで踊るわけないでしょ、なーんて甘い考えで行っていざ大画面で自分がソロダンスやっちゃった時の恥ずかしさたるや、半端なさそうですもんね!自分がソロで踊ることを想定して洋服もメイクも気合い入れて行きましょう!NO BORDERは、9月16日まで絶賛開催中です。ぜひ自分のキレッキレのダンス動画を手に入れて夏休みの思い出にいかがでしょうか?

【NO BORDER イベント詳細】
実施期間:8月1日(木)~9月1日(日)1、大人1名につき子供1名無料!詳しくはこちら! http://yoshimoto.funity.jp/2019/07/29/post-9285/
2、期間限定で会場ロビーのスキャナで販売しているオリジナルアバターダンス動画にミキと和牛が登場!ミキや和牛をバックダンサーにダンスできます!
3、NO BORDERの公式ホームページ(https://noborder-earth.com/)にて祇園木崎・櫻井のオリジナルアバターダンスを無料でダウンロードプレゼントも!

最終更新:8/22(木) 13:19
M-ON!Press(エムオンプレス)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事