ここから本文です

【凱旋門賞】武豊騎手がA.オブライエン師との初タッグ 通算8度目の参戦へ

8/22(木) 12:14配信

netkeiba.com

 武豊騎手は、10月6日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1・芝2400m)に、今年の英ダービーで4着となったブルーム(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)とのコンビで参戦することがわかった。JRA馬主のキーファーズが、現馬主であるクールモアグループと同馬の共同馬主となったことから、今回の参戦が決定した。

 ブルームは父Australia、母Sweepstake、その父Acclamationという血統。今年に入ってからG3を連勝し、続く英ダービーで4着、愛ダービーで6着となった。なお次走は、9月14日にイギリスのドンカスター競馬場で行われる英セントレジャー(G1・芝2900m)が予定されている。

 武豊騎手にとっては1994年(ホワイトマズル)、2001年(サガシティ)以来3度目の外国馬での凱旋門賞参戦。通算では8回目となる。

最終更新:8/22(木) 12:14
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事