ここから本文です

NASAの美人科学者が出会いアプリで…チャットが急拡散

8/22(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【もぎたて海外仰天ニュース】

 NASA(米航空宇宙局)で働く美人科学者が出会いアプリでやり取りした内容がSNSで急拡散し、コメントが殺到している。

 米FOXニュース(8月16日付電子版)などによると、「惑星科学」の博士号を持つローレン・マキューンさん(写真)は、ロンドンを拠点にNASAの仕事をしている。

 先日、フェイスブック系の出会いアプリ「ヒンジ」で、マイキーという男性とこんなやり取りをした。

〈私にとって一番役に立たないことは、NASAで働いていること〉

 そんなローレンさんの書き込みに、マイキーさんが〈それはスゲー。ちょっと両親に話してくる〉と反応したことでチャットが始まったが……。

 マイキー:で、何をしているの? 受付か何かかな?

 マイキー:冗談だよ。君はそこそこ頭が良さそうに見える。

 ローレン:少なくとも「女性の知性を外見で判断するのが会話のスタートに最善のやり方じゃない」って分かるくらいには頭は良いよ。

 ローレン:追伸 私の母は小学校の受付で働いているけど、私が知る限り、最高に賢明で、インスピレーションに満ちていて、親切な人間です。惑星科学で博士号が取れたという事実は、母のおかげです。

 ……残念ながら、コミュニケーションはハナから不成立で、チャットはここで終了。

 リケジョの恋愛の難しさが身に染みているローレンさんは、8月14日、このやり取りのスクリーンショットをツイッターに投稿。〈皆さん、だから私には彼氏ができないんです〉と、自虐的にツイートした。

 このツイートはバカ受けして急拡散。1万8000人がリツイートし、18万以上の「いいね」が付いた。

 コメントも殺到。

 ひとつは、マイキーさんの〈女がそんなに頭が良いわけない〉という女性差別的な先入観を批判するものだ。

〈マイキーのケースは、「賢明で素晴らしい女性が自分よりも優れているという事実に対処できないもろい男性のエゴ」の典型だと思う〉

 また、ローレンさんと似たような経験をしているリケジョたちからの共感のコメントも多い。

〈これは私の人生の物語だわ。科学界で女性は真面目に受け取ってもらえない。本当に嫌ね……だから私の博士号は、女は科学をやるほど優れていないと考える男たちに捧げるわ〉

 一方、マイキーさんを擁護する意見も。

〈そもそもNASAで働くような女性が、ヒンジでデート相手を探すなんて思わないよ。女性蔑視を擁護するつもりはないが、マイキーにも同情の余地はあるだろ〉

 こうした圧倒的な反応に、ローレンさん本人もビックリ!

〈うわー! ちょっと笑いを取ろうとしただけだったのに、世界中に拡散しちゃった。この重要な話題に参加してくださった皆さんに感謝します〉

 このツイートの後、ローレンスさんには結婚の申し込みも複数きたようで、こんなツイートもしている。

〈あのツイートで、私が結婚の申し込みを求めている、と解釈した男性の皆さん、論点が分かっていないよ〉

最終更新:8/22(木) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事