ここから本文です

松山英樹に16億円のチャンス 異色の米ツアー最終戦の“ハンデ”をおさらい

8/22(木) 19:01配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ツアー選手権 事前情報◇21日◇イースト・レイクGC(ジョージア州)◇7346ヤード・パー70>

16億のボーナスを手にするか!松山英樹のドライバースイング【連続写真】

今季から3試合となった米国男子ツアーのフェデックスカップ・プレーオフシリーズ。第2戦を終えて、最終戦の「ツアー選手権」に進出した30人が、まもなくスタートを迎える。

昨年まではフェデックスカップのポイントレースが最終戦まで持ち越されていたが、今季からは方式が変更。第2戦の「BMW選手権」終了後の同ランキング30位までが最終戦に出場するのは変わらないが、ここでポイントは一度クリア。この30名によるハンデ戦で行われる。

具体的にはこうだ。

同ランキングによって、ツアー選手権のスタート時のスコアにハンディキャップをつける。トップになったジャスティン・トーマス(米国)は10アンダーからのスタート。同2位のパトリック・キャントレー(米国)は8アンダーから。同15位になった松山英樹は3アンダーからのスタートとなる。

以下が全員のスタート時のスコア(順位はフェデックスカップランキング)。

1位:ジャスティン・トーマス(-10)
2位:パトリック・キャントレー(-8)
3位:ブルックス・ケプカ(-7)
4位:パトリック・リード(-6)
5位:ローリー・マキロイ(-5)
6位:ジョン・ラーム(-4)
7位:マット・クーチャー(-4)
8位:ザンダー・シャウフェレ(-4)
9位:ウェブ・シンプソン(-4)
10位:エイブラハム・アンサー(-4)
11位:ゲーリー・ウッドランド(-3)
12位:トニー・フィナウ(-3)
13位:アダム・スコット(-3)
14位:ダスティン・ジョンソン(-3)
15位:松山英樹(-3)
16位:ポール・ケーシー(-2)
17位:ジャスティン・ローズ(-2)
18位:ブラント・スネデカー(-2)
19位:リッキー・ファウラー(-2)
20位:ケビン・キスナー(-2)
21位:マーク・リーシュマン(-1)
22位:トミー・フリートウッド(-1)
23位:コーリー・コナーズ(-1)
24位:イム・ソンジェ(-1)
25位:チェズ・リービー(-1)
26位:ブライソン・デシャンボー(0)
27位:ルイ・ウーストハウゼン(0)
28位:チャールズ・ハウエルIII(0)
29位:ルーカス・グローバー(0)
30位:ジェイソン・コクラック(0)

また、最終戦については賞金はなし。下記の通り、優勝者には1500万ドル(約16億円)などの特別ボーナスのみが支給される。

1位:1500万ドル
2位:500万ドル
3位:400万ドル
4位:300万ドル
5位:250万ドル
6位:190万ドル
7位:130万ドル
8位:110万ドル
9位:95万ドル
10位:83万ドル
11位:75万ドル
12位:70.5万ドル
13位:66万ドル
14位:62万ドル
15位:59.6万ドル
16位:57万ドル
17位:55万ドル
18位:53.5万ドル
19位:52万ドル
20位:50.5万ドル
21位:49万ドル
22位:47.8万ドル
23位:46.6万ドル
24位45.6万ドル
25位:44.5万ドル
26位:43.5万ドル
27位:42.5万ドル
28位:41.5万ドル
29位:40.5万ドル
30位:39.5万ドル

なお、この金額は年間の賞金ランキングには加算されないものの、優勝で約16億円という途方もない金額に向けて、精鋭30人が火花を散らす。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8/22(木) 19:01
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事