ここから本文です

武豊 名門A・オブライエン厩舎のブルーム騎乗で凱旋門賞参戦「ワクワクした気持ちが抑えきれないです」

8/22(木) 16:30配信

東スポWeb

 武豊騎手(50)が10月6日に行われる仏GI凱旋門賞(パリロンシャン競馬場芝2400メートル)で、アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎のブルーム(牡・3)に騎乗する。21日、自身の公式サイトで明らかにした。

 武は「うれしいお知らせがあります。凱旋門賞のオファーをいただいたのです。しかも日本の馬ではなく、あのエイダン・オブライエン厩舎の牡3歳です。名前はブルーム。オーストラリアを父に持つこの馬は、G3を2勝の9戦3勝。英ダービー4着、愛ダービー6着と、クラシックを賑わせてきたバリバリです」と報告。JRA馬主のキーファーズが同馬の共有オーナーとなったことから騎乗が実現。「調教にも乗りに行くつもりですし、ワクワクした気持ちが抑えきれないです」と喜びを抑えきれない様子だ。

 また、ミルコ・デムーロ騎手(40)に伝えると「『ワオッ!』と驚いたきり、次の言葉がなかなか出てきませんでした」とエピソードを公開。欧州の名門厩舎からのオファーについて「エイダンの馬に乗るというのは、騎手にとってそれだけインパクトがあることなのです」と結んだ。

 ブルームは武豊とのコンビで凱旋門賞の後はGIジャパンC(11月24日、東京芝2400メートル)に出走予定。

最終更新:8/23(金) 11:48
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事