ここから本文です

<凪のお暇>個性的なキャラが話題 ドラマPが明かすキャスティングの舞台裏

8/23(金) 7:20配信

まんたんウェブ

 女優の黒木華さん主演の連続ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」(TBS系、金曜午後10時)が、回を重ねるごとに反響が高まっている。空気を読み過ぎた人生から“お暇”した主人公・大島凪役の黒木さんをはじめ、凪を前にすると素直になれず、モラハラ気味の言動を繰り返す元彼・我聞慎二役の高橋一生さん、隣人で“メンヘラ製造機”と言われるほどの人たらし・安良城ゴン役の中村倫也さんと、個性的なキャラクターを好演しているキャスト陣が視聴者の心をつかんでいる。「出てくる全員が一生懸命生きている姿を描きたかった」と語る中井芳彦プロデューサーに、キャスティングの裏側や、SNSでの反響などについて聞いた。

【写真特集】黒木華、高橋一生、中村倫也の胸キュンシーン連発 これまでの「凪のお暇」名シーンを振り返り

 ◇ドラマは「黒木華主演」で始動 パーマは地毛

 「凪のお暇」は、コナリミサトさんがマンガ誌「Eleganceイブ」(秋田書店)で連載中の人気マンガが原作。28歳の家電メーカー勤務の大島凪は、自分を見つめ直し、人生のリセットを決意。会社を辞め、マンションも解約し、彼氏を含め関わっていたすべての人たちとの連絡を絶ち、人生の再生を図ろうとする「人生リセットドラマ」。

 中井プロデューサーは黒木さんが初主演した連続ドラマ「重版出来」(2016年)に編成担当として関わることに。中井プロデューサーは、「黒木さん主演のドラマをもっと見たいと思いいろんな企画を提案しました」というほど、黒木さんの演技力を評価している。

 今回、黒木さんへオファーした理由について「黒木さん主演の連続ドラマを他局でやられるのはくやしくて(笑い)。この企画を立てたとき、どうしても黒木さんで『凪のお暇』をやりたいと思った」といい、「『凪のお暇』を読んだ時、黒木さんしかない」と思ったという。

 これまでにさまざまな作品で、違う顔を見せてきた黒木さんだが、今回は「一生懸命生きている姿が黒木さんに合っていて、凪にぴったりはまった」と魅力を語る。

 「ただ、映像にすると伝わりにくい部分もあるので、やり過ぎると毒々しいものになってしまう。そこはエンターテインメントになるよう、努力しているつもりです。その努力の一つが、黒木さんの髪形。実際に、ご本人にパーマを当ててもらい、3カ月間やっていただいています」という。

1/3ページ

最終更新:8/23(金) 7:20
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事