ここから本文です

<凪のお暇>個性的なキャラが話題 ドラマPが明かすキャスティングの舞台裏

8/23(金) 7:20配信

まんたんウェブ

 ◇「人物の外見を、原作に近づけすぎるつもりはなかった」

 ドラマには市川実日子さん、吉田羊さん、片平なぎささん、三田佳子さんら多くの個性派俳優が出演する。中でも人気を二分するのは、高橋さんと中村さんだ。ドラマ放送後には「高橋一生」「中村倫也」「メンヘラ製造機」「慎二やべぇ」「ゴンもやべぇ」「ゴンさん」といった関連ワードがトレンドになるなど、大盛り上がりとなっている。

 原作ではゴンはロン毛であごヒゲを生やしており、慎二は28歳という設定。一方、中村さん演じるゴンはミディアムヘアでヒゲはなし、現在38歳の高橋さんは原作とは年齢が10歳離れている。キャストの発表当初は、原作ファンの「イメージと違う」という意見も少なからずあった。

 ただ、中井プロデューサーは「人物の外見を原作に近づけるつもりは最初からなかったです。原作は登場人物の心の機微がとてもリアルで丁寧に描かれているので、そっちを大切にしたかった」ときっぱり。「『原作とそっくり』というのがハマる作品と、ハマらなくてもいい作品があると思っていて、このドラマについては後者」と断言する。

 ◇高橋一生、中村倫也の起用理由は?

 高橋さん演じる慎二は、モラハラ的な言動を繰り返すも、実は凪の前だと素直になれない不器用な男性。凪の前では虚勢を張るが、別れた後はいつも号泣する姿が印象的だ。中井プロデューサーは「一番ぴったりくるのが、高橋さんだったので、お願いしました」といい、過去作で「名前をなくした女神」(2011年)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(2016年)、「カルテット」(2017年)など、「こじらせている感じや、気難しいけれど愛されキャラという役どころが、高橋さんには多かった」と話す。

 慎二については「慎二が怖いという印象はあまりなく、僕は普通の男性だなと思っています。でも全部見るとモラハラな感じもすると思っちゃうんでしょうけど。二面性があるということではなく、タイミングが悪くてそうなってしまったという話」と語る。

2/3ページ

最終更新:8/23(金) 7:20
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事