ここから本文です

開星高校元監督・野々村直通氏、星稜・奥川恭伸を絶賛「まれにみる完成度の高い投手。佐々木君もいるけど、ピッチャーはスピード競争じゃない」

8/22(木) 9:07配信

スポーツ報知

 島根の開星高校野球部の元監督で春夏甲子園9回出場した野々村直通氏が22日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)に生出演。

【写真】野々村氏、大バッシング発言の真相明かした

 番組では、22日の第101回全国高校野球選手権大会第14日の決勝戦の履正社―星稜を特集。野々村氏は、北陸勢の夏初制覇を目指す星稜(石川)のドラフト1位候補右腕・奥川恭伸(3年)について「まれにみる完成度の高い投手」と絶賛した。

 その上で「スピードも154キロですごいけど、佐々木君ってもっと投げる子いるけど、ピッチャーはスピード競争じゃないんだから」とし「彼を見ていたら変化球も絶妙なコントロール。プロでも140キロ前後投げれれば、あとは針の穴を通すところにきちっと投げれたら十分やっていける。それを彼はまれに見る完成度の高い投手」とコメントしていた。

最終更新:8/22(木) 9:34
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事