ここから本文です

【全文】ジェシカ側 ”中国マネジメント社、不当な主張...非常に残念”

8/22(木) 20:16配信

WoW!Korea

歌手ジェシカ(本名チョン・スヨン)(30)が、中国マネジメント社と訴訟を繰り広げている中で、そのマネジメント社から延滞対価を支給されなかったと主張した。

ジェシカのプロフィールと写真

 以下は、ジェシカの所属事務所コリーデルエンターテイメント公式全文。

 ジェシカの所属事務所であるコリーデルエンターテイメント(以下コリーデル)はジェシカの中国内芸能活動のために所属していた、中国マネジメント2社と中国内ジェシカの芸能活動代理権を排他的に譲渡する芸能仲介代理権譲渡契約(以下、譲渡契約)を締結しました。

 中国のマネジメント社の譲渡契約に基づいて、コリーデルに毎月一定の金額の授権費及び諮問費とジェシカの中国内芸能活動に対する対価を支払う義務があります。ジェシカは、2016年上半期まではNewstyleが主管する行事に参加するなど、中国内で活発な活動を続けてきたが、中国のマネジメント社はTHAAD問題が発生した後、これを口実にジェシカの数多くの中国内の活動の対価を一切未納し、2016年7月頃から譲渡契約に基づく授権費と諮問費の支給を一方的に中止し始めました。ジェシカはこれにより、対価を受けることもできないまま、中国内芸能活動を続けてきている状況でした。

 その後、中国マネジメント社はコリーデルにTHAAD問題による問題解決のための調整を求めており、コリーデルも中国マネジメントの複数の信頼毀損行為にもかかわらず、円満な解決を望んで調整に積極的に取り組みました。コリーデルは、中国マネジメント社に円満な調整のためには、少なくともジェシカが行ってきた過去の活動について、現在までに延滞対価を支払うことを要請しました。それにもかかわらず、中国のマネジメント社のコリーデルのこのような最小限の要求さえも拒否しました。これによりコリーデルは仕方なく、2016年10月、中国マネージメント社に対して譲渡契約違反を理由に契約解除を通知しました。コリーデルは上記のような状況にもかかわらず、中国のマネジメント社が今後も延滞対価を支給し、譲渡契約を継続する意思を表示した場合、十分に合意して円満にトラブルを解決する意思がありました。

 ところが、中国マネジメント社はコリーデルの当時の契約解除通知に対して、反論や回答を全くせずに沈黙しているが、2017年になり突然コリーデルの譲渡契約の解除が不当であると主張しながら、巨額の違約金、収益分配金、授権費、諮問費などを返すようにという内容で仲裁申請をし、コリーデルが先に契約に違反したという不当な主張をしました。

 具体的には、中国のマネジメント社はジェシカがアメリカのサンフランシスコでNBA試合に参加し、多くの記者たちの中の中国出身の記者とのインタビューをしたことがあったという事実を持ってこれを中国の領土内での活動をしたものと無理な主張をし、これにより自分たちの排他的代理権を侵害されたと主張しました。しかし、ジェシカは当時中国と何ら関係がないアメリカで、アメリカのスポーツ競技に参加したもので、当時のインタビューではどんな対価や利益も得ていませんでした。中国のマネジメント社の譲渡契約に関連してジェシカ側の帰責事由を作るために、ジェシカの中国の領土の活動とは全く見ることができない事案についてとんでもない主張をしたものでした。
 また、中国マネジメント社は上記のような事実があった時には、その事実を全く問題にしなかったが、当時のインタビューは、収益を得る芸能活動もなかったので、中国マネジメント社の問題にする理由もありませんでした。中国のマネジメント社はジェシカの上記のNBAの試合に出席し、インタビューに反対するだけの理由や反論資料もない状況なので、中国のマネージメント社の主張は、ひたすら譲渡契約の終了をコリーデル側のせいにするために即興したものに過ぎないことを明らかにしました。

 一方、譲渡契約によりコリーデルは、中国マネジメント社との法的紛争を仲裁で解決できるように合意したが、コリーデル所属芸能人であるジェシカは、仲裁合意の当事者ではないにもかかわらずジェシカが当事者に含む仲裁が行われるなど、手続き的にも不当な点が存在しました。しかし、仲裁手続は、訴訟手続とは異なり、詳細かつ緻密な法的審理をする手続きがないので、中国の北京仲裁委員会で行われている限界上、仲裁手続では証拠不足によりコリーデルの正当な主張は受け入れられませんでした。仲裁委員会は、かえって中国の会社である中国マネジメント社側の主張の受け入れに応じてコリーデルは、違約金、収益分配金、授権費、諮問費などを、中国マネージメント社に返すようにという内容で不当な仲裁判断を受けました。北京仲裁委員会の仲裁判断は明白な証拠と状況が正しく反映されていないという結論に達したことで、譲渡契約に関する主な争点は非常に偏向的に判断された不当なものでした。

 一方、外国で仲裁を受けた場合、これを持って、国内で執行をするためには、韓国の裁判所の承認を受けなければならないが、中国のマネジメント社の上の中国での仲裁判断を持って仲裁合意をした当事者でもない所属芸能人であるジェシカを直接相手にソウル中央地方裁判所に、上記執行の申請をしました。コリーデルとジェシカは、仲裁委員会の誤った仲裁により韓国での仲裁判断と執行手続きに至ったことについて非常に残念に思っており、これまでの譲渡契約に関連していた一連の状況と証拠資料に照らし合わせてみると、コリーデル側やジェシカにどのような誤りもないという点が明らかであるにもかかわらず、仲裁判断の結果に至った点と、これにさらに、中国マネジメント社の仲裁による韓国での執行承認申請まで至ったことについて非常に当惑しています。

 過去の外国の仲裁判断に基づく国内での執行の承認は、訴訟で判決を介して行われるように規定されていましたが、最近仲裁法が改正がされたことにより、単純な申請手続きを通じた決定にも仲裁判断の執行に関する承認を受けることができるようになりました。これにコリーデルは、中国マネジメント社が申請した上記の手順を使用して、仲裁判断の国内承認を防ごうと法律的に対応をしましたが、制度的な限界がありました。コリーデルは、上記の仲裁判断承認及び執行の申請手続きにおいてジェシカが仲裁合意の当事者ではない事実など仲裁の不当性を点を積極的に争ったことにもかかわらず、1、2審で敗訴した状況であり、韓国の司法手続きの公正に支えられながら定義と真実が勝利すると信じ最高裁で3審を進行中の状況です。

最終更新:8/23(金) 11:00
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事