ここから本文です

【夏の甲子園】初Vの履正社・岡田監督 相手エースに感謝「奥川君がチームを大きくしてくれた」

8/22(木) 23:41配信

東スポWeb

 第101回全国高校野球選手権大会決勝(甲子園)は22日、履正社(大阪)が星稜(石川)を5―3で下して春夏通じて初の優勝を飾った。

 ついに悲願の頂点に立った。試合終了の瞬間、グラウンドで歓喜の輪を作った履正社ナインはうれしさのあまりに号泣。4番の井上も目を真っ赤に腫らしながら「春負けて、大阪の春季大会も負けて…。こんな状態では日本一なんか絶対無理だと(周りから)言われた中で、ここまでチーム一丸となって、やっと日本一が取れた」と率直な喜びを口にした。

 星稜の絶対エース・奥川に強烈な先制パンチを叩き込んだ。1点を追う3回。二死一、二塁の好機で打席に立つと初球のスライダーをとらえ、左中間席へ叩き込んだ。値千金の逆転3ランを放ち、ダイヤモンドを回りながら力いっぱいの雄たけびを上げた。「打った瞬間、ホームランと確信しました。1打席目は見逃し三振に終わっていたので、何としてでも4番の仕事を果たさないといけないと思いました」

 今春の選抜1回戦では星稜・奥川に屈辱の17三振を喫し、わずか3安打で0―3と完敗。その時から「打倒・奥川を果たして全国制覇」を合言葉に打撃を磨いてきた。チーム一丸となって一心不乱に取り組んできた成果を見せつけるべく、この日はライバル右腕との対戦で最後まで必死に食らいついた。同点に追いつかれた直後の8回には4安打を集めて奥川から2点を奪い、粘る星稜を突き放した。「やっと(奥川に)勝てたので、とにかくうれしい気持ちでいっぱいです」。そう語ると井上は、ようやく白い歯をのぞかせた。

 終わってみれば、その主砲を筆頭に打線は奥川から11安打5得点。これまでの借りを返し、同校にとって初めてとなる深紅の大優勝旗を手にした。岡田監督も独特の言い回しで「今日はバットに当たらんちゃうかなと思った」と振り返ったが、選抜での屈辱を忘れず見事にリベンジを成し遂げた井上ら“孝行息子”たちを素直に褒めたたえると、相手エースに対しても感謝の弁を忘れなかった。

「なんとも言えない気持ち。夢のようです。子供たちがよくやってくれました。泣くことはないだろうと思ったが、涙が出てしまった。奥川君がチームを大きくしてくれた」

 2年連続で夏の大会を大阪勢が制したことについても指揮官は「大阪は(昨夏優勝の)大阪桐蔭だけじゃないと思っていただければ」。なせば成る――。そんな格言を再認識させられた履正社の初V達成に甲子園のスタンドからは惜しみない拍手が送られた。

最終更新:8/22(木) 23:46
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 21:15

あなたにおすすめの記事