ここから本文です

履正社・井上広大が逆転3ラン 星稜・奥川は今大会初の自責点

8/22(木) 14:33配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・決勝、星稜-履正社」(22日、甲子園球場)

 履正社(大阪)の井上が、今大会屈指の好投手、星稜(石川)の奥川から逆転3ランを放った。奥川は今大会初の自責点がついた。

【写真】巨大帽子のアパホテル女社長が星稜激励に来た~!奥川に「孫がファン」

 0-1と1点を追う三回、2死から連続四球で一、二塁となった。ここで井上が初球の甘く入ったスライダーを振り抜き、バックスクリーン左へ運んだ。

 今春センバツでの星稜戦では井上は無安打2三振。最後の打者にもなった。「奥川を打つために練習してきました」。その成果を発揮した。

 奥川が甲子園で本塁打を打たれたのは、今春に習志野・兼子将太朗に許して以来、2本目。

最終更新:8/22(木) 15:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事