ここから本文です

履正社の先発・清水、試合後は奥川と「ナイスピッチング」、「ありがとう」

8/22(木) 17:59配信

デイリースポーツ

 「全国高校野球選手権・決勝、履正社5-3星稜」(22日、甲子園球場)

 履正社(大阪)の春夏通じて初優勝に貢献した先発の清水大成投手(3年)は、試合後、星稜(石川)のエース・奥川と「ナイスピッチング」、「ありがとう」と言葉をかわしたと明かした。

【写真】奥川、男泣き…帽子のひさしで顔を隠すように涙をぬぐう

 清水は二回に星稜の岡田に先制適時打を許したものの、以後は粘り強い投球を続けた。六回には2安打され1死一、二塁のピンチを迎えたが、併殺打に打ち取った。

 七回に同点とされたところで、2年生の岩崎に後を託した。「最後までと思っていたが、チームが勝つ事が第一。岩崎が頑張ってくれて。ベンチに下がって、岩崎にあとは頼んだ、と。2年生だけど頼りになる」とゲームセットまで投げ切った後輩に感謝した。

 頂点に立って校歌を歌い「今までやってきて良かったという安心感があった」としみじみと語った。

最終更新:8/22(木) 18:12
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事