ここから本文です

阪神 木浪先制打&福留2ランで3点先取 望月プロ初勝利へ援護

8/22(木) 19:02配信

デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(22日、京セラドーム大阪)

 阪神が三回、“チカキナ”の連打で先制点を奪うと、チーム最年長の福留が7号2ランで続いた。

【写真】先発・望月 嶺井のバットを粉砕!

 この回、先頭の近本が右翼線を破る二塁打でチャンスメーク。この試合前まで、18日の巨人戦から3戦連続無安打と不調。17日の同戦、1打席目の三塁バント安打を最後に、同戦の2打席目から17打席連続無安打中だったが、4戦、19打席ぶりの安打で口火を切った。

 続いたのは2番の木浪。2ボール1ストライクから4球目、135キロのシンカーを引っ張ると、一、二塁間を破る先制打となった。

 「チカ(近本)がでいい形で出塁してくれたので、先の塁に進める意識で打ちにいった結果が、タイムリーとなって良かったです」

 さらに福留。1ボール2ストライクから4球目。外角低めの139キロを左翼スタンドに運んだ。逆方向の技あり弾に、本人もホームベースを踏むと、首を傾けて驚きの表情。42歳、パワーも健在だ。

 「目の前でルーキーコンビが頑張ってくれていたので、そのいい流れに乗ることができました」

 4試合ぶりの一発。NPB通算277本目の本塁打は、ブーマー(ダイエー)、大豊泰昭(中日)と並ぶ歴代51位となった。

 プロ初勝利を狙う先発・望月に大きな援護点になった。

最終更新:8/22(木) 19:32
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/23(月) 3:50

あなたにおすすめの記事