ここから本文です

おぼん 母校・履正社の初Vを祝福…こぼんとの関係修復は悲観「もう無いでしょう」

8/22(木) 20:35配信

デイリースポーツ

 全国高校野球選手権・決勝戦が22日、甲子園球場で行われ、履正社(大阪)が星稜(石川)の好投手・奥川を攻略し、春夏通じて初優勝を飾った。履正社野球部OBの漫才コンビ「おぼん・こぼん」のおぼん(70)がデイリースポーツの取材に応え、母校を祝福した。おぼんは野球に大切なものは「チームワーク」とし、おぼん・こぼんのチームワークについては悲観的に言及した。

【写真】勝者も敗者も…試合後は笑顔で握手「ありがとう」

 おぼんは「うれしいです。ありがとう。何と言葉にしていいのか分からないくらいうれしい」と声を弾ませた。おぼんは仕事で福岡を訪問。仕事を終えて東京に戻るため福岡空港にいたところ、テレビ画面付近で歓声が聞こえた。駆けつけると、画面に後輩たちの歓喜の表情が映っていた。

 おぼんは「井上君が泣いていた。今日の試合でも3ランを打ったそうで。今後が楽しみです」と4番・井上広大外野手(3年)の活躍を称賛した。

 普段から高校野球は好きで、今大会も母校の活躍を注目していた。「1回戦からずっと見ていたんです。準々決勝も準決勝も。校歌を一緒に歌いましたよ!」と実際に校歌を歌ってみせた。自身が在籍していた時は履正社の前身・福島商業。当時から校歌は変わっていないという。

 自身が野球部員だったときはサードと外野がポジションだった。「私のころはやはり、長嶋茂雄さんに憧れていましたから」と話した。野球で大切なものは「チームワークと基本に忠実なこと」とおぼん。岡田龍生監督(58)について、「ランナーが塁に出たら必ずバント。面白くないかもしれないが大切なこと」と手腕を評価した。

 おぼん・こぼんのチームワークについては「今日現在、仲直りできておりません」と豪快に笑い、「もう無いでしょうね。たぶん、無いでしょう」と仲直りは難しいと述べた。「53年間積もり積もったものがある。僕が我慢してたのが切れた。向こうが謝らない限りは。謝らなければならないということも分かってないでしょう」と積年の思いがあることを話した。「なんで俺を悪者にするのか。自分がいい人になって。それに対して謝らなければならないということも分かっていない。コンビは難しいです」と語った。

 コンビ仲を修復することはまだ先になりそうだが、後輩の偉業を祝うため「今夜は近所の人といっぱいやります」と笑った。

最終更新:8/22(木) 22:25
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事