ここから本文です

佐々木朗希 代表合宿でブルペン「問題ない」 甲子園「出たかった」が心は世界一へ

8/22(木) 20:51配信

デイリースポーツ

 「WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(30日開幕・韓国)に出場する侍ジャパン高校代表が22日、都内のグラウンドで合宿をスタートさせた。

【写真】吹っ切れたような笑顔でブルペンに向かって走る佐々木

 最速163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)=大船渡=も参加。宮城大弥投手(3年)=興南=とキャッチボールし、投内連係や外野でのノックも受けた。ブルペンでは「6、7割」の力で全球種を交え22球を投じた。コンディションを問われ「特に問題はなかったです」と振り返った右腕。「世界一になったことがないので、自分たちが初めての世界一のメンバーになれるように頑張りたいと思います」と力を込めた。

 自身が届かなかった甲子園。熱戦の様子を、画面を通して見つめた。「素晴らしい試合が多かったので。もちろん自分が出たかったなという思いはありましたけど、自分の新たなステージに向けて頑張っていこうと思いました」。すでに気持ちは切り替わっている。照準を世界一に定め、新たな目標に挑む。

最終更新:8/22(木) 21:14
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事