ここから本文です

セブン大阪時短店が日曜定休通告 本部は慰留、導入すれば異例

8/22(木) 20:15配信

共同通信

 自主的に24時間営業を短縮したセブン―イレブン東大阪南上小阪店(大阪府東大阪市)のオーナー、松本実敏さん(57)が9月から日曜日を定休日にするとセブン―イレブン・ジャパン本部に通告したことが22日、分かった。人手不足を理由としている。本部側は慰留した。セブン加盟店は年中無休が前提で、定休日を導入すれば異例となる。

セブンペイ9月末廃止 開始3カ月、異例の撤退 

 松本さんによると通告は22日。本部側は契約違反だと指摘し、人員を派遣すると提案した。松本さんは、派遣にかかる金銭的負担を理由に断った。

 共同通信の取材に「バイトも集まらず、定休日を設けないと店が回らない。自分が先行事例となりたい」と話した。

最終更新:8/23(金) 12:44
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事