ここから本文です

【新潟ジャンプS】ダノンシーザー騎乗の白浜騎手、史上2人目の全6場障害重賞制覇狙う

8/23(金) 7:02配信

スポーツ報知

◆第21回新潟ジャンプS・JG3(8月24日・障3250メートル、新潟競馬場)

 白浜雄造騎手(39)=栗東・フリー=は、新潟ジャンプS・JG3(24日、新潟)でダノンシーザーに騎乗。勝てば高田以来、史上2人目の全6場障害重賞制覇となる。「新潟JSはビコーフェザーで2、3着(09、10年)があり、どっちも勝てていたレースでした。新潟の障害重賞は年に1回しかないので、いつか達成できれば。今年も最善を尽くしたい」と白浜は力を込めた。

 17日の小倉4R・障害オープンをトゥルーハートで勝ち、史上14人目のJRA障害通算1000回騎乗となったレースを白星で飾った。「節目をタイミング良く勝つことができました。自分には障害しか道はないと思っているので、できる限り長く乗りたいです」とデビュー22年目の白浜。通算障害111勝、歴代最多となる障害重賞20勝の名手が、新たな大記録に挑戦する。(内尾 篤嗣)

最終更新:8/25(日) 1:33
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事