ここから本文です

このまま順調に秋になるか 1か月予報

8/22(木) 16:43配信

tenki.jp

各地の猛烈な暑さは収まり、しのぎやすくなってきました。季節はこのまま順調に進むのか、最新の1か月予報をもとに気温や天気の傾向をまとめました。

1週目(8月24日~30日)

ここ数日、日本の北では、涼しく湿った空気をもつ「オホーツク海高気圧」が力を強めています。一方で、南には夏の空気をもつ「太平洋高気圧」が居座っています。北の空気と南の空気の境に前線が形成され、この影響で広い範囲で大気の不安定な状態が続いています。この先一週間も、前線や湿った空気の影響を受けやすい見込みです。
【天気】北海道から九州にかけて、平年に比べてスッキリしない天気の日が多いでしょう。一方、沖縄・奄美は、この時期らしく晴れの日が多い見込みですが、台風11号の進路によっては25日(日)頃にかけて荒れた天気となる所があるでしょう。
【気温】平年より高くなりそうなのは沖縄・奄美。北海道から九州にかけては平年並みか低い傾向で、危険な暑さが戻ることはなさそうです。特に、オホーツク海高気圧からのヒンヤリした空気が流れ込む北海道や東北は、この時期としては低くなるでしょう。北海道では、朝晩は涼しいどころか、暖房が必要なくらいの所もありそうです。

2週目(8月31日~9月6日)

【天気】北海道や東北、関東、東海は、天気が数日の周期で変わるでしょう。北陸は平年と同様に晴れる日が多い見込みです。近畿から九州は、太平洋側では平年と同様に晴れの日が多いですが、日本海側は前線や湿った空気の影響で平年よりも晴れの日が少なくなりそうです。沖縄・奄美は平年と同様に晴れの日が多いでしょう。
【気温】関東や東海、北陸は平年並みか高い予想です。北海道と東北、そして近畿から九州にかけては平年並みとなるでしょう。沖縄・奄美は平年並みか高い予想です。

3~4週目(9月7日~20日)

【天気】北海道から東海にかけては、天気が数日の周期で変わるでしょう。近畿から九州は平年と同じように晴れの日が多い見込みです。沖縄・奄美は平年に比べて晴れの日が多いでしょう。
【気温】沖縄・奄美で平年並みとなるほかは、平年並みか高くなる予想。いったん落ち着いた暑さが、戻ってくる日もありそうです。35度を超えるような極端な暑さではなくても、急に気温が上がると熱中症のリスクが高まるため、要注意です。

この先1か月、気温が低めとなったり、高めに転じたり。スムーズに季節が進むわけではなく、一進一退となりそうです。

日本気象協会 本社 戸田 よしか

最終更新:8/22(木) 16:43
tenki.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事