ここから本文です

1600馬力の9億円超えスーパーカー登場│ブガッティ110周年記念モデル

8/22(木) 22:40配信

octane.jp

ブガッティ110周年を記念して誕生した史上最強のスーパーカー“チェントディエチ”が発表された。ブガッティを代表する名車EB110へのオマージュを込めたもので、その名はイタリア語で“110”を意味する。

1600馬力の9億円超えスーパーカー登場│ブガッティ110周年記念モデル(写真8点)

チェントディエチは、ブガッティのアイコニックなモデルのひとつであるシロンと同様の8リッター W16 クアッドターボユニットエンジンをミドに搭載し、1600馬力のパワーを発揮する。これは多少ながらもシロンのパワー(1500馬力)を上回っており、最もパワフルなモデルである。

特徴的な細いフロントライトには強いLEDが内蔵され、三分割されたエアインテークにもインパクトを与えられる。これまでのブガッティとは少々異なり、未来的なデザインとなっている。

ブガッティのプロダクション責任者を務めるRommelfanger氏は、「チェントディエチは10台の限定生産ですが、すべて予約済みです。顧客それぞれの要望に応えるカスタマイズもできます」と話した。

デリバリーは2022年を予定しており、シロンやヴェイロンなどを遥かに上回る800万ユーロ(約9億4400万円)の価格が付けられている。ブガッティは毎年2モデルを発表するとコメントしているため、チェントディエチの他にもモデルが発表されることとなるだろう。

Octane Japan 編集部

最終更新:8/22(木) 22:40
octane.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事