ここから本文です

ルノー トゥインゴがマイナーチェンジ|洗練されたデザインと新たな機能を搭載

8/22(木) 0:00配信

MOTA

ルノー トゥインゴがデザイン新たに登場

ルノーは、高い小回り性能ときびきびとした走りが特長の「トゥインゴ」を、より洗練されたデザインへと変更して2019年8月22日より販売する。価格は195万円(消費税込み)。

■ボディカラー5色網羅! 新型トゥインゴの内外装を見る(19枚)

新型トゥインゴの主なスペック

新型トゥインゴは、伝統ある街並みの中から常に新しい潮流を世界に発信し続けるパリのデザインやライフスタイルに調和する新しいエクステリアデザインとなり、また新たな機能も搭載された。サイズはフロントバンパー、リアバンパーのデザインを変更し、全長3645mm×全幅1650mm×全高1545mmとなった。
パリの入り組んだ路地をきびきびと走るために、リアエンジン・リアドライブ(RR)レイアウトを採用している。これによりフロント部に生まれたスペースを利用し、タイヤの切れ角を増やすことで、最小回転半径4.3mという軽自動車にも匹敵する高い小回り性を実現した。
リアには最高出力92ps/5500rpm、最大トルク135N・m/2500rpmを発生する0.9L ターボエンジンが搭載されている。組み合わされるトランスミッション6速EDCは、2組のクラッチシステムによりエンジンからの出力をスムーズかつ効率良く伝える。

最新のパリに調和する新たなエクステリア

外観デザインは、とても短いオーバーハングと車体の四隅に配置されたタイヤによって、そのコンパクトさと広々とした室内の見た目のバランスが取っている。
フロントマスクは、ルノーブランドを象徴するCシェイプLEDランプとCシェイプウィンカー、新デザインのフロントバンパーにより、新しいパリを思わせる洗練された印象のデザイン。フロントバンパーに設けられたスリットから取り入れられた空気がフロントホイールハウスに抜けることで、空気抵抗を減らす効果をもたらす。リア部のデザインも、CシェイプのLEDランプ、新デザインバンパーの採用により、フロントマスクと同様、洗練された印象となった。左リアフェンダーには、新たに吸気用のエアインテークが設けられた。
エクステリアデザインの変更に合わせて、サイドストライプはポップなドット柄に、15インチアロイホイールも新型トゥインゴの個性を際立たせるデザインになった。
また、新型トゥインゴには新色ジョン マンゴーを始めとする、新しいパリをイメージさせる5色のカラフルなボディカラーがラインアップされている。

1/2ページ

最終更新:8/22(木) 0:00
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事